原稿入稿方法

このページを共有する▶︎ 

【重要なお知らせ】データ入稿形式が変わりました。click!

    1. キーホルダードットJPでは、グッズ製作注文時に原稿データの入稿が必要となります。 データはAdobe illustrator形式(aiまたはeps), Photoshopでの入稿をお願いいたします。

  1. ・現在CCまで対応しております。
  2. ・350dpiの解像度でお願い致します。
  3. ・カラーモードはCMYKでお願いいたします。(RGBデータは色合いが変わる可能性があります。)
  4. ・フォントは必ずアウトライン化(ラスタライズ)してください。
  5. ・背景は必ず透明な状態でご入稿してください。(JPEGは背景透明化不可の為、四角形のカットラインになります。)背景に白など色がついてる画像に関して、切り抜きサービスは行っておりません。
  6. ・aiでご入稿する場合は、参照した画像ファイルの埋め込みをお願い致します。

もし入稿データに不備があった場合は、お客様に仕様をより詳しく理解していただき、今後の不備を予防して入稿から製作までスムーズにできるために、不備の詳細内容を丁寧にご説明したメールを送りいたします。その後不備の処理に関して以下の中から選んでいただきます。
1. キーホルダー.JP製作チームにお任せをする(✳中途確認はできません。✳︎別途料金はかかりません。)
2. 入稿データを返却してもらって再入稿する(✳不備の詳細内容に従ってお客さまの方で修正を行い、再入稿して頂きます。✳︎不備による納期の延長がある場合もございまのでご了承ください。)

【重要】入稿データと完成商品の画像の向き

データの向きについて

原稿入稿データの作り方(テキスト説明)

入稿に使用するテンプレートファイルを各商品ページにご用意してあります。テンプレートファイルをダウンロードし、テンプレートファイルに合わせてお持ちの画像を加工して、加工後のデータをご入稿ください。

  • 1. 商品を選択する
    ご希望の商品をラインナップから選択して頂きます。
  • 2.テンプレートファイルをダウンロードする
    商品画面最下部の「入稿原稿テンプレート」からテンプレートをダウンロードして頂きます。
  • 3.テンプレートファイルに合わせて画像を加工
    ダウンロードして頂いたテンプレートファイルに合わせてお持ちの画像を加工して頂きます。
  • 4.注文フォームから各項目を記入して送信する。
  • 5.データを入稿する。
  • データ入稿方法

    ①複数の商品をご注文の場合

    注文フォームの「他の商品を追加する」にチェックを入れて、追加記入をお願いします。 複数の商品をご注文の場合

    ②複数の画像や商品を注文する場合のデータ入稿方法

    複数の画像や商品を注文する場合のデータ入稿方法

アクリルキーホルダーのデータ作り方 ▼

テンプレートをダウンロード後、用意されてる各レイヤーにそれぞれのデータを配置してください。
アクリル等の透明な素材に印刷をする場合、色のインクでの印刷だけではステンドグラスのように透けた状態の仕上がりになります。そこで、透けさせない仕上げにするために地色として白インクを印刷する事を「白版」と呼びます。 白色のインクを使用しますが、原稿作成ではブラックカラーで テンプレートの「白版」レイヤーにご指定ください。

データの向きについて

*決まってあるサイズを超えない範囲で自由に配置してください。

  カットデータ作り方

画像のシルエットを中心に、カットラインは画像から0.5~2.5(目安)mm外線に、白版は0.2mm内側に描いてください。

カットデータ作り方

取っ手の穴は正円で直軽2.5mmを基本にしていますが、金具によって変わりますので、希望通り作り致します。 カットラインは画像から0.5~2.5(目安)mm以上離してください。背景としてから一や模様などつけたい場合も印刷部分ことカットはできませんので、必ず0.5mm以上離してください

  カットデータ作り方

PSD入稿の場合 ▼
ご入稿の際は、テンプレートダウンロード後、各レイヤーにデータを配置してください。

フォトショップ入稿の場合
  • ■ イラストを1の黒線内に収まるように2の表面画像レイヤーに配置してください。
  • ■ 透ける、もしくは透明なデザインがご希望の方は白版データを3白版レイヤーに配置してください。
  • ■ 3.白版、4.穴位置、5.カットラインは省略可能です。弊社の製作タスクにて設定させていただきます。
入稿データ注意点

アクリル商品は白版の指定により透けるデザインが可能です ▼

透けるデザインの仕方

白版グラデは透明な消しゴムぼかし等でグラデーションをかけて指定をしてください。デザインによっては白版と同じ所の表面画像にも少し透明度与えて(参考図の月の真ん中)、立体感を高めます。画像をご覧ください。

白版グラデーション指定 白版グラデーション実物

ウッドキーホルダーのデータ作り方 ▼

ウッド商品も基本アクリルキーホルダーと同様で、取っ手の穴は直軽2.5mm以上の正円にして、白版は画像より内側に0.2mm小さく作成してください。 カットラインは画像と2mm以上離してください。お任せの場合は必ず白版あり/なし(ウッド商材が透けるデザイン)の指定をお願いします。 ▼

ウッド商品白版

ウッドキーホルダーは以下の2色からお選びいただきます。 ▼
ベージュの方が焦げ目が見えます。注文フォームより記入してご指定してください。もし、指定がない場合はベージュがディフォルトになります。

ウッドキーホルダー色選択

アクリルフィギュアのデータ作り方 ▼

  

アクリルフィギュアー原稿テンプレートをダウンロード後、用意されてる各レイヤーにそれぞれのデータを加工して配置して下さい。

    

カットラインは画像から1mm以上離して加工します。
印刷の部分はレーザーが近く走るとインクが焦げる恐れがあるため、必ず離して下さい。白版は画像から内側に0.2mm入れて加工後、黒色にしてください。( ✳︎画像より外に出ちゃうと表面から白い部分が見えてしまうのでご注意下さい。)

    

【重要】データの向きについて

データの向きについて

カットパーツは以下のように3点までOKです。その他は別途料金がかかりますが、ご相談下さい。
※差し込み口のカットパスは3点に含まれません。

    
  • *差込口と爪は、テンプレートに用意されてるパスをご使用下さい
  • *それぞれのレイヤーに必要データが配置されているか、すべて向きが同じで表面デザイン、裏面デザイン、白版がぴったり重なる状態かを確認後ご入稿ください。
  • *文字はすべてアウトライン化してください。
  • *パスは閉じられている必要があり(クローズパス)、オープンパスがありますとデータ不備となります。

差し込み口以外の中抜きデザインは別途料金がかかります。ご了承ください。

       

その外アクリル商品のデータ作り方 ▼

各商品ページに用意されてある原稿テンプレートをダウンロード後、各レイヤーにそれぞれのデータを加工して配置して下さい。カットラインは画像から0.5~2.5(目安)mm離して加工します。印刷の部分はレーザーが近く走るとインクが焦げる恐れがあるため、必ず離して下さい。白版は画像から内側に0.2mm入れて加工後、黒色にしてください。( ✳︎画像より外に出ちゃうと表面から白い部分が見えてしまうのでご注意下さい。)


でかビニストラップのデータ作り方 ▼

商品ページからテンプレートをダウンロード後、用意されてるレイヤーに画像を配置してください。
内側の素材を①PVCビニール(透明)、②PVC合皮(不透明、デフォルト)からお選びすることができます。

 データ入稿方法

キャンバスプリントのデータ作り方 ▼

キャンバス原稿テンプレートをダウンロード後、レイヤーに用意されてるF3(270×220)、もしくはF6(410×318)の作業スペースに合わせて画像を加工して下さい。作業スペースを超えた部分は印刷されませんのでご注意下さい。

ページの先頭へ